大学のプログラミング授業について徹底解説!【情報系大学生必見】

コード 大学生

・大学のプログラミング授業って難しいの?

・どんな言語を学べるの?

・どんな形式で授業を行うの?

この記事では、「大学のプログラミングの授業はどのように行われるのか?」について詳しく解説しています。

本記事を読むと、プログラミング授業の概要を知ることができます。

なぜなら、執筆者の私が受講した授業を基にこの記事が書かれているからです。

ちなみに、私は工学部で情報を専攻していて、大学の授業でプログラミングを本格的に学んでいます。

本記事では、大学で学ぶプログラミング言語や授業形式、大学でプログラミングを学ぶ必要性について述べていきます。

大学の授業で扱うプログラミング言語

C言語

 

大学の授業で扱われるプログラミング言語は、ほとんどがC言語です。

C言語は、プログラミング言語のなかでも特に知名度の高い言語の一つです。

C言語を使って主にできることは

・ソフトウェアの作成

・OSの作成

・ゲーム開発

などです。授業ではC言語の基礎を学び、それを応用したプログラムをつくっていきます。

なかにはpythonJavaRubyを学べる大学ももちろんあります。

大学のシラバスにアクセスすると、どのプログラミング言語を学べるか分かるので調べてみるといいでしょう。

 

プログラミングの授業形式

授業風景

 

授業形式は大学によって異なります。

ここでは私が受講した授業の形式を紹介していきます。

あくまで一例として捉え、参考にしていただければ幸いです。

<学部一年次後期>

主に授業前半にスライドを用いて説明を受けて、後半に演習問題を解く形式で進められました。さらに、翌週までの課題として1、2題出されました。

また、毎回の授業でTA(ティーチングアシスタント)が4、5人いて、分からないところがあればいつでも質問可能な環境でした。

授業の内容は以下の通りです。

・for文

・while文

・if文

・配列

・ファイルの入出力

・関数

・ポインタ

・文字列

・構造体

半年でC言語の基礎をまんべんなく学びました。

いままでプログラミングに触れてこなかった私は、ところどころ躓きました。

一番理解に苦しんだのは、ポインタです。ポインタの部分は入念に教授の話を聞くことをお勧めします。

授業を通して感じたことは、プログラミングに触れていたかどうかで大きな差がでるように感じました。

 

<学部二年次>

学部二年次の授業形式は演習のみでした。

一ヶ月ごとに6、7題の課題が出され、そのコードをレポートとして提出する形式でした。また月末に理解度をチェックするための、教授やTAを相手に質疑応答の面接がありました。

演習問題は1年次より本格的なものとなり、中には1題に十数時間かかる問題もありました。

具体的には、ソート(バブルソート、マージソート、選択ソートなど)やDP(動的計画法)などの実装をしました。

この授業でもTAにいつでも質問可能なため、プログラミングが苦手な方は落単の可能性もある授業だったように思えました。

 

大学でC言語を学ぶ理由

成績向上

 

C言語を学ぼうとした方はわかると思いますが、C言語は非常に挫折しやすい言語と言われています。

大学の講義についていけず、C言語を学ぶ意味が分からなくなっている人もいると思います。

しかし、C言語を学ぶメリットは多くあります。

情報を専攻する方には特に以下のメリットを理解して勉強に励むといいと思います。

・C言語がベースな言語が多い

・文法が近い言語:Java、JavaScript、PHP、…

・コンピュータの仕組みを理解するのに最適

・CPUやGPU、メモリに強くなる

・処理実行速度が高速

・OSや言語の仕組みが理解しやすくなる

・資格試験に出題される

 

まとめ

大学で学べるプログラミング言語は主にC言語です。

私はプログラミングを学んだおかげで、社会でも必要とされている問題解決能力論理的思考が身につくと思います。

授業の位置づけとしては、プログラミングを学ぶきっかけを作るものだと私は考えております。

授業を経て、
「プログラミングが楽しい!」「もっと勉強してみたい!」という方はTechAcademyの無料体験に参加することをオススメします!!

1週間質問し放題,ビデオチャットでのメンタリング,カリキュラムの閲覧,プログラムの添削をすべて無料で体験可能です!

何事も始めが肝心です。理解できないことがあるとすぐに挫折してしまいます。

無料体験で効率よくスタートすることをオススメします!!

興味がある方は是非ホームページを見てみてください!!

TechAcademy 無料体験を見てみる!!