大学に行く意味あるの?メリット・デメリットについて徹底解説!

大学 高校生
大学に行こうか悩むあなた

・大学に行く意味ってなに?

・奨学金を借りてまで大学行く必要あるの?

・やりたいことないのに行ってもいいの?

実は、大学進学の長所と短所を把握していれば進路選択をしやすくなります。

なぜなら、私も同様に悩んでいたとき、大学生と進学の善し悪しについて話したことがきっかけで決断することができたからです。

この記事では、実際に大学進学した私が、身をもって感じた大学のメリットとデメリットについてわかりやすくご紹介します。

記事を読み終えると、自分が大学に進学するべきなのか、ほかの道に進むべきなのかがわかるようになっています。

大学に行くメリットとデメリットを紹介する前に

簡単に私の自己紹介をしておくと、現役で地方の大学に受かり、理系大学生をしているものです。

正直、私も受験勉強をしているときは、本当に大学に行く意味があるのか悩みに悩みました。

現在は、明確な目標が見つかり有意義な大学生活を送っています。

そんな私の結論は以下の通りです。

大学進学に悩む人が多いと思いますが、私はどんな大学でも行くべきだと思います。

そして、出来るだけ難関な大学に行くのが良いと思います!

特に行く必要がない人は、

・仕事にしたいことが決まっている人
・すでにスキルで無双できる人

だと思います。

これを参考にしつつ、これから紹介するメリットとデメリットについて自分の頭でよく考えてみてください!

メリット1:「大卒」という一つの武器が手に入る

卒業した大学生

この武器がどんなときに役立つのか?

それは大きく分けて以下の3つです。

  1. 「大卒」の資格を持っているだけで就職が有利になる
  2. 「大卒」がのちに必要になったときに使える
  3. 「大卒」は信頼を得やすい

一つずつ解説していきます。

「大卒」の資格を持っているだけで就職が有利になる

最近よく「学歴は就職において関係なくなる」と言っている人が多く見受けられます。

私もこの意見は正しくなると思っていますが、それでも大卒の資格は入社する際に武器になると断言できます。

なぜなら、企業の採用情報を見ればわかるのですが、現状多くの企業は高卒と大卒で区別して雇用をしているからです。

また、大卒が武器になるのは入社する際だけではありません。

会社に入った後は、学歴は関係なく業績次第だと言われていますが、高卒と大卒では出世ルートが異なります。

わかりやすく言うと会社内でのスタート位置が異なる企業がほとんどです。

それに伴って出世するスピード、ルートが大卒のほうが相対的に有利になります。

つまり、大卒というだけで企業の選択肢が増え、出世の可能性も広がるということです。

「大卒」がのちに必要になったときに使える

大卒の資格を持っていれば、当たり前のことですが、それを使うこともできるし、使わないという選択をすることができます。

多くの人は「大卒がのちに必要になるときなんか来るの?」とお思いでしょうが、変化が著しいこの世の中でいつ必要になるかわからないです。

例えば、海外で働くことになったときです。

いつあなたの会社が海外進出し、外国の会社で働くよう上司に言われるか分かりません。

また、海外の企業で働いた方が収入が上がるかもしれません。

それを知った際、あなたは海外で働くのも視野に入ることになるでしょう。

しかし、大卒の資格がないと海外で働くことすらできなくなります

なぜなら、そのような状況のとき必要になるのが海外就労ビザというものです。

この海外就労ビザの取得条件は国によって異なりますが、大半の国では大卒の資格が必須になります。

また海外では、肉体労働者か知能労働者かどうかは大学卒業しているかによってバッサリわけられてしまいます。

つまり、大卒の資格があることで日本国内での就職にとらわれず、海外の企業にも目を向けることができるということです。

「大卒」は信頼を得やすい

年々大学を卒業する人が多くなってきているため、昔ほど大卒の価値は高くはありません。

ですが、大卒というのはその人がどれだけ努力してきたかの指標になります。

自分の能力の証明にもなります。

この学歴で得られる信頼性は難関大学であればあるほど大きくなります。

なぜなら、周りの人との差別化をすることができるからです。

現在、大学への進学率は45%ほどです。

さらに、難関大学になればなるほど差別化されるのは明白です。

勉強は誰もが一度は通る道なので、必然的にあなたを評価する一つの判断材料となります。

また、これからは「個」の時代が来ると言われています。

そこでも、大卒は信頼を得るための武器になります。

私は、有名大学卒と謳ったYouTuberが最近増えてきていると感じました。

その人たちは勉強法の発信だけではなく、知識を用いた面白さを売りに人気が上昇した人達が多くいます。

さらに、東大卒の人の話は説得力があると勝手に錯覚してしまいます。

このように、学歴がその人の信頼性を上げる武器となり、大きな付加価値になります。婚活などにも役に立つかもしれませんね。

メリット2:自分を見つけるための時間がある

時計

大学生には自由な時間がたくさんあります。

もちろん授業は毎日のようにありますが、高校生までの学校生活とは全然違います。

一日に一コマしか授業がなかったり、授業間が何時間も空いたりすることがあります。

こんなに多くの自由な時間を得られることは大学生の特権と言えるでしょう。

ですが、多くの人がこの自由な時間をサークルやアルバイトにのみ使っています。

このような生活をするようであれば大学生活の4年間は無駄になります。

私がおすすめする時間の使い方は、自分が好きなこと、やりたいことを探すことです。

多くの人が好きなことを仕事にしたいと考えているはずです。

しかし、多くの大学生が学生時代に自分と向き合わず、やりたいことがわからないまま就職し、好きでないことを仕事にしてしまいます。

そのような人たちは、我慢しながらその仕事を続けるか、あるいは思い切って会社を辞めるかの選択を強いられます。

ここで、辞職の選択をしたとしても結局、自分のやりたいことが分からないことには同じような失敗を繰り返してしまいます。

若い時の自由な時間はとても価値のあるものです。

様々なことを経験して、自分の好きなこと、やりたいことをぜひ見つけてもらいたいと思います。

メリット3:自分の希少性を高められる

周りの人との競争

これは先ほど述べた信頼につながることですが、難関大学ほど自分の希少性を高めることができます。具体的に数字を使って説明していきます。

2000年代の一年あたりの出生数はおよそ115万人ほどいます

その中で旧帝大の1年あたりの合格者数はおよそ2万人です

つまり、同年代の人の中で旧帝大に入れる割合は1.74%

したがって、100人に2人いない程度なのです。

※旧帝大の合格者数の中には浪人生も含まれているため割合はもっと低くなります。

自分の希少性を誰かに伝えるためには、どんな分野でもいいので結果を提示する必要があります。

さらに、団体での実績よりも個人での実績のほうが評価されます。

だからこそ、〇〇大学卒業という肩書きは自分の希少性を高める武器になること間違いなしです。

同年代の人との差別化をしたいなら自分の希少性を高めることが必要不可欠です。

誰もが分かることで希少性を高めたいなら、難関大学に行くのがいいでしょう。

メリット4:自分のしたいように研究ができる

研究者

これは理系に限りますが、自分の研究したいことを充実した環境で研究できるということです。

これをできるのは、大学しかないと思います。

企業でも研究はできるとおっしゃる方もいると思いますが、大学の研究ならではの利点があります。

それは、国からの支援金があるため予算をある程度気にせず研究ができるということです。

企業では当たり前のことですが、「費用対効果」を念頭に研究が行われます。

「自分の好きなこと」というよりかは、利益につながる研究を強いられます。

ですから、大学は自由に研究をしてみたい方はうってつけの機関だと思います。

メリット5:自分の未知に触れることができる

未知の世界

高校と大学の違いはいくつもあります。そのなかで注目したいのは「全国から様々な学生が集まる」ということです。

これが面白いんです

本当に多種多様なで、十人十色な学生ばかりなのです。

私の周りには次のような珍しい経験をした人がいます。

・学生時代を海外で過ごした人

・コワーキングスペースを設立した人

・数十か国を旅したことがある人

・投資で月収何十万も稼いでいる人

・YouTubeで登録者数100万人を超えている人

このような方たちとは、大学に入っていなかったら知り合いになることは絶対ありませんでした。

面白い人達と一緒の空間にいることで、様々な刺激を受け、自分のモチベーションも上がります。

このままの自分ではだめだ」、「なんでもいいから行動しなければ」と自然に思うことが多くなります。

このように大学は、いろんな未知に触れることができます。

人だけではありません。

大学に入るとIT、ビジネス、社会情勢、世界など様々な分野をより一層知り、自分の知識を広げられます。

自分がどれだけちっぽけな存在だったのかということを何度も思い知らされます。

それだけでも、大学進学した意味があると自信をもって言えます。

大学進学する方は、たくさんの人と会って自分の世界を広げてみてください

メリット6:社会的な責任から逃れることができる

危険

あらゆる面で社会人に比べて低リスクになります。

なぜなら、学生は社会的に守られた身分で様々なことに挑戦することができるからです。

例えば、高卒で就職したのちに、本気でやりたいことを仕事にしようとしたらどうしますか?

たいていの場合、仕事を辞めるしかないです。

自己啓発休職という制度がありますが、会社側がこれを認めないことができます。

そのため、ほとんどが退職の選択をすることになると思います。

そして、その会社に戻るときは再雇用という形をとることになり、会社の状況によっては雇用してもらえないこともあります。

ですから、会社員がやりたいことをやるのは厳しくなっております。残念なことですが、これが現状だと思います。

これが大学の場合、休学という選択をとることができます。

私の知り合いに休学した人が何人もいますが、やりたいことをやって大学に戻ってきたひともいれば、やりたいことを仕事にして大学を辞めた人もいます。

このように、どちらの選択もとれるのが大学生のいいところだと思います。

さらに、休学しなくても大学生なら時間がたくさんあるので、大学に通いながらやりたいことができます。

いきなり休学は怖いという方も、準備期間がしっかりとれるので果敢に行動し、トライアンドエラーを繰り返すことができます。

ですから、大学生は何をするにも低リスクで行動することができ、失敗した場合にもダメージがありません

メリット7:自分が変わるきっかけになる

変化

大学進学をすることは自分が変わるきっかけになります。

なぜなら、自分を変えるには、環境を変える必要があるからです。

大学進学をする際に、地元の大学に進学する人もいれば、東京に上京する人、遠い地方の大学に行く人など進学先が人によって様々です。

地元を離れ一人暮らしをする人は当然のことですが、自然と人間関係がリセットされ、住む場所も変わり、行動範囲も自然と広がります。

すなわち、環境が著しく変わるため、自分が変わりやすくなります

もっと外向的になりたい」や「リーダー的存在になりたい」などと考えている人は、大学進学は絶好のチャンスだと思います。

デメリット1:学費が高い、コスパが悪い

ドル

大学は学費が高い、コスパが悪いというのが世間の意見でこれを理由に進学を諦める方が多いと思います。

現在、大学に属していない方はそう考えるのも仕方ないと思います。

しかし、大学生の私からしたらコスパが悪いとは到底思いません。

なぜなら、実際に大学生活をしてたくさんの施設が自由に使えるうえに、授業料がそれほど高くないと思ったからです。

具体的に数字を用いて説明していきます。

国公立大学の場合、1年間の授業料が535800円です。

私が一年生のとき合計31個の講義を受けました。

すなわち1講義にあたり 17283円

1講義15回(1回90分)で構成されているため 1回の授業あたり 1153円

このように、1回の授業あたりいくらかを計算すれば、それほどコスパが悪いようには思わないはずです。

専門的な知識を学ぶのに、90分あたり1000円強です。

さらに、これは授業料を授業にのみ利用した場合の値段です。

大学はもちろんのこと、授業がすべてではありません。

図書館、体育館、トレーニングルーム、研究室が自由に使うことができます。

加えて、多くの大学は奨学金や授業料免除の制度が整っています。

具体的には、GPAが基準値以上の場合などの成績優秀者には、返済の義務がない支援金がもらえたり、授業料全額免除になったりするケースがあります。

私の友人にも、授業料が全額免除なため親からの仕送りなしに、自分で稼いだお金だけでやりくりしている人がいます。

このように、現在の大学は学びやすい環境が整っています。

あなたの家庭環境によるため、一概には言えないことですが、お金が理由で進学を諦めてしまうのはもったいないと思います。

十分に行きたい大学の制度を調べたのちによく考え、大学進学するかしないか決断してもらえれば幸いです。

デメリット2:大学を出てるのに仕事ができない

ビジネスマン

有名大学を卒業しているのにあの人は仕事ができない

あの人は高卒なのに仕事がテキパキできる

という話をたまに聞くことがありますが、正直この話は論外です。

なぜなら、大学は仕事ができるようにする場所ではないからです。

この一言に尽きます。

仕事ができるようになりたいなら、就職して現場で身に着けるのが一番だと思います。

余談ですが、この話は大卒は信頼があるという裏付けになると思います。

大卒というだけで仕事ができる奴だと思われているのです。だから、上司の目線では期待値が高い分その期待を下回ったとき、ダメージが大きく愚痴が出てしまうわけです。

自然と、大卒の方を信頼してしまうものなんですね。

余談:インフルエンサーに騙されてはいけない

これからの時代、学歴は不要になる

大学はオワコン。行く意味ない。」

という発信者がいますが、安易に真に受けてはいけません。

このような発言をしている本人は、立派な大学を卒業している人がほとんどです。

大学に行く意味をしっかりあなたの頭で考え、間違ってなかったと自信を持って言える選択をしてください

まとめ:大学に行けるなら絶対行くべき

様々な観点から、大学の善し悪しについて説明してきました。

最初にも述べましたが、私の結論はどんな大学でもいけるなら行くべきです。

そして、大学に行きつつバイトではない方法で、お金を稼ぐ経験をすることをお勧めします。

悩みに悩んで決めた選択を後悔するかしないかは、すべてその後の自分の行動次第です。

数年後、あの時の選択は間違ってなかったと胸を張って言える生活を送りましょう。