【体験談】勉強を習慣化する方法【さぼったら負け】

勉強法

・勉強が習慣化することができない

・ついついさぼってしまう

・どうすれば習慣化できるの?

勉強を習慣化しようと試みるけどできないんだよな~」と悩んでいませんか?

実は、この記事で紹介する「勉強を習慣化するための考え方」が分かれば多くの人が習慣化できると思います。

なぜなら、この考え方をすることにより私自身が勉強を習慣化することが出来たからです。

記事を読み終えると、習慣化の重要性を理解しあなたも習慣化することができると思います。

【結論】習慣化するコツは…

勉強する男性

結論は以下の通りです。

勉強を習慣化するコツは1日もサボらないことです。

私の経験談を話すと、夏休みは毎日10時間以上勉強していたのですが、お盆休みくらいは休もうと思い、勉強しない日を作ってしまいました。
それ以降は、習慣が途切れてしまい、勉強に身が入りませんでした。

サボりの代償は非常に大きいですよ。

「習慣化できないからさぼってしまうんだよ」と思った人がほとんどだと思いますが、習慣化するコツは1日もサボらないしかないです。

習慣化の重要性

重要性

習慣化によるメリットはたくさんあります。

その中でも、私が一番成果につながると感じたのは「さぼるという選択肢が無くなる」ということです。

習慣化されていない人はまず、勉強机に向かおうかどうかを考えてしまいます。

そしてほとんどの人がこの時に、様々な言い訳をして机に向かうことすらしません。

ついついさぼってしまう人ほど勉強を習慣化しましょう

勉強を習慣化する方法

モチベーションアップ

勉強の習慣化を失敗する人の多くが陥ってしまうことがあります。

それは、目標が高すぎることです。

いきなり、「毎日5時間以上勉強するぞ」と意気込んでも失敗してしまいます。

勉強する習慣ができていない人は、まずは、机に向かうことから始めましょう。

私も初めは、5分だけ勉強することから始め、徐々に勉強時間を増やしていきました。最終的には、毎日5時間以上勉強することを2年間継続することが出来ました。

ですから、焦らずに徐々に勉強時間を増やしていけば大丈夫ですよ

どうしてもやる気が出ない日は…

落胆する男性

習慣化していても、どうしてもやる気が出ない、気分がのらない日があると思います。

そういうときは、私は頭を使わない勉強をしていました。

例えば、簡単な計算問題や英語の音読、単語帳、勉強系の動画をYouTubeで見るなどです。

とにかく勉強しない日をつくらないことが重要です。

東大生の勉強法を見ていると、気分がのらない日は勉強しないという人がいますが、私みたいな凡人が成果を出すためにはどんな勉強でもいいから継続することが必須だと思いました。

勉強法にどちらが正しいとかはないので、自分に合うと思ったほうを参考にすればOKですよ。

大学受験を考えている高校生向けに

競争

大学受験を考えている高校生は、現状より勉強の習慣化を意識したほうがいいですよ。

なぜなら、大学受験は浪人生との競争にもなるからです。一年以上も勉強期間が長い浪人生と張り合うには、できるだけ早い段階で、勉強を習慣化することが重要です。

私の場合、高校2年の初めから本格的に勉強を習慣化していきました。

そこで意識したのは「1日でもさぼったら落ちる」です。

当たり前の話ですが、自分より勉強ができる人が一日10時間勉強していたとして、それより勉強しなければ勝てるわけありませんね。

ましてや、浪人生と競争しているのに浪人生より勉強しなければ到底合格するわけないですよね。

実は、京都大学出身のお笑い芸人、ロザン宇治原さんも「京大合格者の平均勉強時間が10時間ならば、自分は11時間勉強するば合格できる」と考えていたそうです。

私は絶対大学に合格したかったのでこの考えをして習慣化しました。

一度習慣化できたらさぼるという逃げの選択肢が無くなります

まとめ

勉強を習慣化するための考え方について理解できましたか?

ここでは、習慣化の方法について簡潔にまとめていきます。

・習慣化するコツはさぼらない

・習慣化できればさぼるという選択肢がなくなる

・習慣化に失敗しないためには目標を高めに設定しない

・とにかく勉強しない日を作らない

1日でもさぼったら負け

以上のことを意識して勉強を習慣化していきましょう!

習慣化できたら、100%成果が出ますよ!